健康自慢の方でも驚くほどの頻度で医療施設を利用している

医療の力を利用しましょう

あなたが今健康ならば、健康であり続けるために医療の力を利用しましょう。
私は高齢者と多く接する仕事をしており、普段から高齢者の方のアドバイスをよく聞く機会があります。

 

高齢者の会話といえば、8割以上が健康や寿命についての会話といっても過言ではありません。
私が多くの高齢者の方からよく聞く話を総合して、特に印象深く感じたことについてまとめます。

 

それは、高齢者の方は、健康自慢の方でも驚くほどの頻度で医療施設を利用しているということです。
ちょっと体の一部に違和感を感じただけでも、マメに病院で診察を受ける方が非常に多いのです。

 

しかも話を聞いていると、どうもそのマメさは年を取ったからではなく、昔からのことらしいのです。
現在では、昔と比べて医療は発達していますので、小さな腰の異常で検査に行ったらガンが見つかった、なんてエピソードもあるようです。

 

高齢者のこういった健康維持への誠実さは、現代で活躍する若い人こそ見習わなければいけないなとつくづく思います。
若い世代の人は、なまじインターネットなどで知識が入る分、医者の力をあまり信用しなかったり、
生兵法で大きな病気の発見を逃してしまっているのではないかと思います。

 

私自身も、幸い今まで大きな病気を患ったことはないものの、歯の痛みを軽視して無視していたら、ある日激痛に見舞われてしまったことがあります。
歯医者の先生に、なんでもっと早く歯医者にこなかったのかとお説教されてしまいました。

 

その時はとても反省し、同時に早めの対策の重要性を実感し、以来歯が少しでも傷んだら足しげく歯医者に通うようになりました。
しかし、歯以外については、漠然とした自分は大丈夫だという気持ちがあるのか、なかなか病院に行く気がおきません。

 

自分への戒めのためにも強調しますが、それは命の危機につながる怠惰です。
今が健康だからといって、明日が健康だとは限らず、今この瞬間も病気の原因が体で育っているかもしれないのです。

 

私たちは高齢者の方の考え方を見習い、せめて体に違和感を感じた時や、
定期的な検診の機会を得た時は必ず医療の力を借りたほうがよいでしょう。

健康でいるために大切なのは、健康でいるための努力です。
病気になってから医療に頼れば良いのではなく、まずは自分自身が不健康にするような生活を改めなければなりません。

 

例えば、お酒が好きだからと言って飲み過ぎれば、体に良くありません。
多少のお酒はストレス解消などのために必要なものかもしれませんが、飲む量には注意する必要があるでしょう。

 

健康な体を作るためには、自分の心掛けが大切です。
医療に頼る前にまず、健康的な体を作る前にできることはないか考えてみましょう。美白になる方法

 

しかし、どんなに注意していても病気になってしまうのは仕方のないことだと言えます。
病気になると辛く、健康な人が羨ましく、自分も健康になりたいと考えるかと思います。

 

一言で病院や病気と言っても、たくさんの病気やそれぞれを専門とする医師がいます。
違った病気であっても、似たような症状が出てしまうこともあるかと思います。

 

そんな時、適切な科に行かないと誤診によって症状が悪化したり、適切な処置がされずに治るのが遅くなることもあるかもしれません。

 

病気のことは医師でなければわからないこともありますが、
できるだけ自分で色々な病気の可能性を疑いその症状にはどんな病気の可能性があるかを調べたりして、
複数の病院にかかって複数の医師に診てもらうことも必要です。

 

何でも内科にかかるのではなく、他の科の専門の病気である可能性も頭に入れておくべきです。
自分が健康であると思っていても、気付かないだけで健康ではない場合もあります。

 

定期的な健康診断は早いうちに病気を発見できる良い機会です。
健康診断など医療機関を上手に活用し、健康を維持できるようにしましょう。

 

健康でなければ仕事をすることも、好きなことをすることもできなくなります。
病気であれば早めに治し、健康になることが大切です。

 

健康な状態を持続させるためには、体のことを一番に考えた生活を送ることと、医療機関を利用することが必要になります。
是非この二つを徹底し、良い状態を持続させてください。

健康と医療において切っても切れないのは、医療薬ではないかと私は考えています。

 

子どものころから風邪を引いたり、お腹が痛くなったり、頭が痛くなったりなどすれば、薬を飲むことによって症状の緩和をしてきました。
今現在、薬を飲むことがすべて正しいのかと言えばそうとは必ずしも言い切れないようですが、薬によって病気症状が緩和させることは多々あります。

 

たとえば、私の場合、歯痛の激痛に襲われることがたびたびあります。歯痛の激痛は本当に耐えられないくらいの痛みですので、
痛みを緩和させる薬を飲むことが、対処療法ですが有効です。

 

もしも、医療機関によって歯痛の痛みをおさえる薬が開発されていなかったとしたら、
歯痛を発症したとき自然治癒するまで痛みと戦わなければいけませんので、それを考えると薬が開発されていて本当に良かったと私は思います。

 

また、同じように胃痛が起これば胃腸薬だったり、頭痛がすれば頭痛薬だったり、
あるいは痔症状をおさえる痔の薬だったりなど、ありとあらゆる体の不調に関し、
それぞれ医療薬が役に立つことがありますので、はっきり言って薬によって健康が守られていると言っても良いと私は思っています。

 

ただ、薬を飲むことにより、睡眠作用だったり、頭痛がしたりなど、副作用を伴う危険性もあり、ひどい薬ですと後遺症が残ってしまうような薬もあります。
ですから、薬だからといって100%無条件で信じるのではなく、良く考えてから服用することが、結果的に自分の健康を守ることにつながります。

 

昔から、良薬口に苦しという言葉もあるように、薬というのは決して口当たりの良いものではありません。

 

しかし、薬を服用することで病気に対抗するだけの力を得ることができたりもしますので、
病気やケガをしたとき、基本的には医療機関が提供される薬を、用法や用量を守って服用するべきです。

 

ですから、私たちが健康を守るためには、医療薬の服用が欠かせないと私は思っています。

むかし私が子供のころは「アトピー性皮膚炎は子供に多く、思春期以降は軽減する」といわれていたように思います。
子供はまだ免疫機能が十分に発達していないのでアレルギー反応がでやすいけれど、成長するにつれ免疫機能がおいついてくるから、とういうことでした。

 

そのころ私はアトピーではなく、健康優良児でした。
そして成人してから眼鏡を新調しにいった眼科医に「結膜炎ですね。花粉症ではないですか?」といわれて初めて花粉症を自覚したのでした。

 

それまで軽症で気付かないくらいだったのに、年々悪化していきました。
年によって目の結膜炎がひどいときと鼻の鼻炎がひどいときがありました。口唇ヘルペス薬

 

そして目と鼻の症状だけではなく、眠気や気分の落ち込みがでるようになって、それは季節によらなくなっていきました。

 

もともと子供のときからエビとカニはアレルギーで、うっかり食べると口の中や喉や目の周りがはれてしまってたいへんでした。
それに懲りて一切たべなくなっていたのですが、中年になってから大豆のアレルギーがでてしまいました。

 

醤油や味噌にアレルギー反応でていると気付くのにずいぶんかかりました。どの食材が原因なのか、とずっとわからないでいました。
大豆と特定できてからも、アレルギーマーチといわれる状態になり、身内に不幸があったときにストレスに耐える限界を超えたようで、
アトピー性皮膚炎が手の甲にでてしまいました。

 

主治医に「最近は、おとなになって中年以降にアトピーを発症する人も多いです」といわれました。
このころかかりはじめた主治医はアレルギー専門医だったので、今現在までお世話になっています。

 

血液検査では、非特異的IgEという項目が正常値の5倍にもなっており、やはりアレルギー体質だそうです。
今後は膠原病予備軍になるのでは、と不安です。体重が増えるとと悪化するので、やせないといけません。

 

乳製品をとりすぎたり脂肪の多い食事もよくないようです。血液検査ではコレステロールや中性脂肪の値が悪いときに、アレルギー反応も悪化しています。
主治医と相談しながら、老後にむけて養生していきたいです。老後は子供と同じように免疫機能が衰えていくようなので。

夏はまだ程遠い日々等と思っていたら、すぐにやって来ます。6月から8月の間は、「食中毒」に特に気を付けて於いた方が良いです。
数年前、忘れられない出来事がありました。急に吐き気と腹痛、そして高熱の3つが私を急に襲ったのです。

 

事の発端は、祖母がスーパーで買ってきた「カツオのたたき」です。
そのスーパーは、鮮度面で落ちるものの、値段が破格に安い事で有名な所でした。

 

ネギ一束50円や苺も一パック190円等、家族が多い家庭の主婦が主に買い物に来るのです。
7月の猛暑のある日。
友人宅を後にして、祖母が暑い中、野菜とカツオのたたきを帰り道に、そこで購入したのです。

 

それから帰り道、忘れていた用事をふと思い出したのだそうです。日傘を差し、生のカツオの刺身が袋の中に入っている事の重要性をその時、見落としていたのです。用事を済ませ、家路に着いたのは、冷房が効いたスーパーを出て非常に暑くなったお昼を過ぎてからでした。バイアグラジェネリック

 

「今日の晩御飯のおかずは、カツオのたたきがあるよ。」と。御飯時、食卓の上の刺身は鮮度がない様な気がしたのです。
しかし、美味しそうだったので食べてしまったのです。翌日、腹痛と吐き気で目を覚まし、祖母も具合が悪いと訴えました。

 

熱もありました。近くの内科へ急行し、「食中毒です。」とドクターに告げられ、奥の点滴の部屋に行き、細長い白いベットにフラフラしながら横になりました。
祖母の症状は軽症でしたが、私の方は嘔吐が酷くて熱も38度以上あり、この世の地獄と言っても良い位の辛さでした。腹痛も酷いし、顔面蒼白でした。

 

この食中毒の主な原因は、「長時間猛暑の中で、カツオの刺身が悪くなってしまった事」にあります。
もう一つは、そこのスーパーは安さが売りで、なま物の鮮度に鈍感である事。

 

陳列してある魚達は、活きが感じられないのです。果物のパパイヤなんて、一部カビの様な物が付いていたのを発見した事もあるのです。
この経験から、高くても鮮度の良い所で買う様になりました。